エラ通信のチラシの裏

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇国の守護者 史実版 大陸編

<<   作成日時 : 2009/05/12 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
以前紹介しました皇国の守護者 史実版は北海道と北方四島、樺太での話でしたが、こちらは大陸における皇国の守護者 史実版です。

敗戦後、日本軍が満州開拓団を見捨てたという伝説について

岡崎久彦  「百年の遺産-日本近代外交史(60)」

 他面、満州の悲劇は、戦後左翼思想の跋扈(ばっこ)する中で、関東軍が入植者を見捨てて真っ先に逃げたという伝説も生みました。  関東軍は、主要部隊を次々と南方に引き抜かれ、見る影もなく弱体化していましたが、それでも善く戦っています。東部正面の第百二十四師団は、ソ連軍主力の猛攻を五日間支えて、 牡丹江在留邦人三万人の後退を完了させてから停戦しました。西部の第百七師団も健闘して 邦人を退避させています。
 内蒙古の駐蒙軍は邦人引き揚げまで、ソ連軍進駐の猶予を求めたが容れられず、善戦して四万の張家口邦人全員引き揚げを完了させています。  もちろん、大本営命令にしたがって早期に武装解除した地域、あるいは軍から遠く離れた地域には惨劇もあり、混乱の中、それぞれの環境は千差万別でしたが、軍が故意に邦人の生命の安全を無視した、などということは、当時の日本人の心情として、とうてい考えられないことです。
http://www.okazaki-inst.jp/hyakuisan60.html

ソ連兵の満州国侵攻における関東軍の対応について。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413975844


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エラ通信用 管理ページ 001〜099まで
ブログのページが膨大になってきたので、管理ページを設置いたします。エラ通信専用ではありますが、他の方がご利用になられてもかまいません。有効にご利用ください ...続きを見る
エラ通信のチラシの裏
2009/05/31 20:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

エラ通信からのメッセージ

完全にヤバイ!韓国経済
彩図社
三橋 貴明
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
皇国の守護者 史実版 大陸編 エラ通信のチラシの裏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる