エラ通信のチラシの裏

アクセスカウンタ

zoom RSS 国や社会はしゃべらない。“誰”が大切な時代

<<   作成日時 : 2009/08/07 00:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

【社会】 「日本の漁師が、イルカを虐殺…むごい秘密が暴かれた」 隠しカメラで撮影された映画公開、米で日本の行為批判★2

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000849-yom-int

※前スレ
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1249560746/

しばしば多くの人がカンチガイするのですが、上述のケースなどはアメリカが批判しているのではなく、アメリカで批判を広げているグループがいる、ということです。

同様に、地方自治体や企業がしゃべることはなく、企業の代表者の誰それが、もしくは、地方自治体職員の誰それが、語っていることを、【国の意見】【会社の意見】【社会の意見】に誤認させようとします。

こういう相手とケンカするときはピンポイントで攻撃するのが効果的です。発言者・そしてその背後にいる黒幕をピンポイントで攻撃し、社会的地位を剥奪し、社会・組織から追放させ、さらに手加減なしに、言動責任を追及していくこと。

それこそが、限りある体力と行動力において、社会の正常化を図る唯一の方法です。たとえば従軍慰安婦問題。
アメリカ議会において、表決に賛同した議員、
トム・ラントス外交委員長 ペロシ マイク・ホングダ ロスレイティネン外交委筆頭理事  エド・ロイス Edward R. Royce (CA ? 40)  ダイアン E ワトソン Diane E. Watson (CA - 33) マデリーヌ ボルダロ Madaleine Bordallo (GU)
 クリストファー H スミスChristopher H. Smith (NJ - 4) ディビッド ウー David Wu ()R - 1) フィル ヘアー Phil Hare (IL - 17)
そして  エニ・ファレオマバエガと国連事務長潘基文 

彼らが要求することは、どんなに正しいと思っても賛同してはいけないし、アメリカの国・もしくは地域・国連の代表として、交渉に訪れても、絶対に色よい返事を与えてはいけないのです。

その積み重ねが日本の外交を改善します。

だから、今、【誰の発言】か、【誰が主張しているのか】が非常に重要になる時代になっております。
これは日教組や経団連や自治労を相手にするときも同じ。
ケンカは、10万人は相手に出来なくても、数人だったら相手にできるのですから。
そして【その数人をやっつけることができれば、日本は少しずつ正常化していきます。】
今まで、平成朝鮮賊がやってきた方法を、逆に応用するのです。だからこそ記名記事は非常に意味があるのです。
画像


人気ブログランキング投票へ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

エラ通信からのメッセージ

完全にヤバイ!韓国経済
彩図社
三橋 貴明
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
国や社会はしゃべらない。“誰”が大切な時代 エラ通信のチラシの裏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる