エラ通信のチラシの裏

アクセスカウンタ

zoom RSS バカボン鳩山内閣の首班から構成員にいたるまで“殺すことも必要だ”といっている理由の整理

<<   作成日時 : 2009/11/11 14:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと熱くなっているので、少し内容を整理してみます。

なぜ鳩山由紀夫と内閣構成員を殺すことも視野にいれて、排除しなければならないか。


一、内政の混乱、国家の脳性麻痺という要素は、非常に国益を害しているものの、“殺すべき”“殺してでも排除すべき”という結論にはいたらない。

仮に国家に何十兆・何百兆円の損害を与えようが、それは鳩山由紀夫と内閣構成員を殺す要素にはなりがたい。ただし、退職後にその行為を検証し、徹底的かつ容赦のない弾劾を行うことは当然である。

二、鳩山由紀夫とその内閣、そしてかれらを支持しているメディアや有力者を皆殺してでも排除しなければならない理由は、a“国民主権の維持”とb“国家の存続”のためである。

a“国民主権の維持”
地球上に占める日本国民:外国人の割合は、およそ1:80 この全外国人総数のうち、全国民のうち一定割合が“外国に帰属意識を持つ外国人由来になった場合、国家は完全に脳性麻痺を起こす”
【オランダにおけるトルコ移民】 【日本における朝鮮系・WGIP系 反日日本人由来】【アメリカにおけるメキシコ系移民】
http://era-tsushin.at.webry.info/200905/article_137.html
外国人移民の増加「原住民は俺たちの町から出て行け!!」現象


そして、特定地域において、外国人由来が一定割合を超えると、分離独立運動を起こすこともある。
【ボスニア・ヘルツェゴビナや、北欧三国の置けるロシア系の多い地域 など。】
さらに国内において、外国人由来が多数派になった場合、合法的に国家を乗っ取る。
【インド系に乗っ取られ、国軍が反乱を起こしているフィジー クーデターを起こされ、独立を喪ったハワイやカリフォルニア州が好例】

【日本の直面している問題】ID:qwvcUNX7氏より植民地侵略と移住侵略 フィリピンとハワイの実例
http://era-tsushin.at.webry.info/200905/article_164.html

このような歴史的事情にかんがみ、外国人を受け入れ、主権を贈与することは国家の維持・存続に非常に問題が大きい。移民を受け入れてきたアメリカの場合は、国家と国旗に対する忠誠義務を付与しているが、日本においては、朝鮮系やWGIP系反日日本人のため、この種の国家に対する忠誠義務すら付加できない。
この状態では、国民主権国家を維持することすら不可能になる。

b“国家の存続”
日本は前大戦の敗戦国として、武装を制限され、主義主張を行うことすら禁じられてきた。そして国連においてはいまだ敵国であり、主要国が脅威と認識すれば一方的に攻め滅ぼされることを容認されている“国際社会の敵”である。
【国連における敵国条項】

ゆえに極めて不愉快で腹立たしいものながらアメリカとの同盟関係は、国家を維持・存続していく上では必要不可欠なものである。そしてこれはアメリカは一方的に見捨てても、自国の存立に影響はないが、日本にとっては、まさに生死を分ける命綱である。

それにケンカを売りまくっているのがバカボン鳩山政権である。
相手の指先一つで、死ぬという状況にも係わらず、盲目的にケンカを売りまくっている。
バカボン鳩山のアメリカに対する最近の挑発記録。
http://era-tsushin.at.webry.info/200911/article_29.html

今、中国が年率20lもの軍拡を行っている最中、アメリカから見限られたら、国家の独立すら維持できない。
【核武装・エネルギー・食料安保、スパイ防止法、自衛隊を軍への昇格、武力行使への憲法的・法的整備が必要だが、鳩山政権はすべてにおいて後ろ向き】

ゆえにバカボン鳩山とその仲間たちはa“国民主権の維持”という観点からと、b“国家の存続”という二つの観点から殺してでも排除しなければならない、という結論に達しました。

私がたびたび、【バカボン鳩山とその仲間たちを、殺してでも排除しなければならない】といっているのは、aとb。それぞれの立場からの問題提起と結論であって、結論は同じでも論拠が異なるのです。





画像



人気ブログランキング投票へ
人気ブログランキングへ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

エラ通信からのメッセージ

完全にヤバイ!韓国経済
彩図社
三橋 貴明
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
バカボン鳩山内閣の首班から構成員にいたるまで“殺すことも必要だ”といっている理由の整理 エラ通信のチラシの裏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる