エラ通信のチラシの裏

アクセスカウンタ

zoom RSS 091117 鳩山由紀夫 “へっへっへ”会見全文と有志による要旨

<<   作成日時 : 2009/11/17 08:31   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1258393676/-100
【政治】 「オバマ氏も前政権と180度変えましたよ」「へっへっへ。やっぱり直嶋経産大臣、多少うかつだったなと」 〜16日の鳩山首相
1 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2009/11/17(火) 02:47:56 ID:???0 ?2BP(33)
鳩山由紀夫首相が16日夕、記者団に語った内容は以下の通り。

「よろしくお願いします」
――お疲れ様です。よろしくお願いします。
【普天間移設】
――きょう岡田克也外相が沖縄で「日米合意を白紙に戻すのは事実上難しい」と発言。 今までより日米合意に寄った発言と思われるが、首相の考えは。
「わたくしはまだ本人から聞いてはおりません。わたくしは前からずーっと同じこと申し上げてますけれども、まずは日米合意がなされたと。 たとえそれが前政権であっても、重いものだと受け止めなければならない。しかし、一方で沖縄県民のみなさんの思いもあると。そして私どもが選挙の時に訴えてきたこともあると。それを、おー、われわれとしてはですね、すべてが重いものだと受け止めながら、 新しい政権になってどういう対応をするか。その対応の中で選択肢をいろいろ考えながら検証しているということであります。その検証の中でワーキンググループ(作業部会)を作ろうじゃないかと、いうことになって、これはオバマ大統領との間でも理解されたことであります。
ワーキンググループが設置された。そしてそのワーキンググループの中でも、重要な役割を果たす岡田外務大臣として、 ご本人の気持ちの中で沖縄に行かれただけにね、沖縄の県民の皆さん方にその思いを、沖縄県民の皆さんの気持ちも大事だということがわかっておきながら、 しかしこれはなかなか難しい決断だという思いを述べられたのではないかと理解はしますけれども、推察はしますけれど、 本人から直接うかがったわけではありません。したがってわたくしから今言えることは、 そのワーキンググループの中に入ったメンバーの一人としての岡田外務大臣の思いではないかと。 それはわたくしの、おー、考え方に基づいてワーキンググループが設置されて、これから検証を、おー、日米で行うという中の、おー、そりゃ、ある意味でわたくしが言っている日米の合意は重いという、その重さのひとつの表現の仕方なのかも知れない、そう思います」 (>>2-以降へ続く)

記事引用元:朝日新聞(2009年11月17日0時33分配信)
http://www.asahi.com/politics/update/1117/TKY200911160376.html

2 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2009/11/17(火) 02:48:11 ID:???0 ?2BP(33)
>>1(続き1)
――関連して、今後の日米関係への懸念が生まれる中、それでも首相が日米合意のレビューにこだわるのはなぜか。

「あの、最初の日米関係にね、懸念があるとおっしゃったのは、わたくしはそう思ってませんで、その日米関係っていうのは、それはその時々で様々な問題があります。しかし、日米関係、少なくともオバマ大統領とわたくしとの間の信頼関係は、わたくしはますます高まってきたなと、そのように考えています。今回の首脳会談を通じて、 その思いは(会談の会場の)中にいるすべてが感じたと思います。そのなかで、だからあえて率直にですね、 オバマ大統領に対して自分の思いを申し上げたわけです。その思いはさっき言った思いでありまして、 その日米の合意というものは重く受け止めていますよ、しかし選挙の時に誰だっていろんな、前政権と必ずしも同じではない政策というものを掲げると。 そのひとつが普天間の問題であると、いうようなこともですね、申し上げて、したがって沖縄県民の、おー、期待感も高まっているという事実もあるんですよということも、率直にオバマ大統領にもお話を申し上げて、 その理解の中でワーキンググループを作ろうじゃないかということになってきたということですから、決して、えー、 わたくしは信頼関係がここで損なってきているとは全く思っていません。むしろ、率直な意見交換ができたことが非常によかったなと、 そう思っているんです。たぶん間違いなくオバマ大統領もそう思って帰られたと思います。そりゃいろいろと問題っていうのはあると思いますから、 その中でわたくしはやはり沖縄県民の皆さん方の気持ちというものも、当然政治家として、日本国の総理大臣として大事にしなければならない。 それは国民を代表するですね、政治家としては当然考えなきゃならないという思いで申し上げているんであります」

記事引用元:朝日新聞(2009年11月17日0時33分配信)
http://www.asahi.com/politics/update/1117/TKY200911160376_01.html
3 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2009/11/17(火) 02:48:33 ID:???0 ?2BP(33)
>>1(続き2)

――そもそも選挙で見直しを訴えることを考える元になった首相の経験はあるか。

「日米合意を見直そうといっているんじゃなくて、この普天間の日米合意は重いけれども、 しかし必ずしも県民の意思はこうじゃないじゃないですかというところが、わたくしには強く伝わってきてますからね。その思いはやっぱり大切にしないといけない。結論がどうなるというのは決まってませんから、当然、わたくしからも申し上げられる状況でもありません。 しかし、その中で県民の気持ちというものをやはり大事にしなければ政治家じゃないと。おー、少なくとも交渉している立場に立った人間として、そのことはしっかりと申し上げておかないといけない。政権交代というのはある意味でね、そりゃオバマ大統領も、おー、ヨーロッパの方でですね、 政権が変わったんで前政権と考え方を180度転換させましたよね。そういうことは現実にあったわけです。 えー、わたくしどもとしても、しかしそうはいっても日米の合意というものは重いものだと理解はしてますよという中で、おー、いま政権としてワーキンググループを設置して行動しようじゃないかということになってます」

記事引用元:朝日新聞(2009年11月17日0時33分配信)
http://www.asahi.com/politics/update/1117/TKY200911160376_02.html

6 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2009/11/17(火) 02:50:03 ID:???0 ?2BP(33)
>>1(続き3)

【補正予算】
――あす閣議で第2次補正予算の大枠が決定するが、2.7兆円の枠組みについて、亀井静香優勢改革相が「額が少ない」と主張している。

記事引用元:朝日新聞(2009年11月17日0時33分配信)
http://www.asahi.com/politics/update/1117/TKY200911160376_03.html


7 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2009/11/17(火) 02:50:41 ID:???0 ?2BP(33)
>>1(続き4)
補正は何を最重要視して組むのか。
「うん、いろんな議論があっていいと思いますよ、わたくしは。やはり政治主導でやるときに政治家それぞれがね、自分の思いというものを、おー、ぶつけ合いながら国民のみなさんのために最終的に結論を出すと、いうことはわたくしは間違っていると思いません。 やはり景気が厳しいねと、もっと経済対策しっかりやらないとなかなか地域が難しいんじゃないかと、そう思う方もおられると思うし、それはそうだねと。しかし、でもやはり財政も、おー、これから国債というものをあまりにも無尽蔵に発行すると大変なことになるぞという思いの方もいると思う。その中のバランスで最終的な決着がつくと、わたくしはそう思ってますけども、そういう議論があることはむしろ健全な証拠だなと思っています。 そこでですね、やはりこれからの年末に向けて緊急雇用対策がどのようにうまく作用していくかというのもひとつ見届ける必要がありますが、 必ずしも年末年始、そんな簡単じゃないぞという声の方が多いと思いますから、その場合にやはり、一は雇用ですよね。雇用をどうやって作り上げていくかと。あるいはセイフティーネットを含めてですけど、そこがやっぱり一番求められている。 それと裏表になるのが経済対策であって、住宅の問題なんかも含めて、つまりは、 あー、様々なこの経済を刺激するような施策というものを作り上げていくというのが裏表の関係であると思います。もう一つはやはりエコというか、環境だと思います。これはチャレンジ25という方向でも動いていますから、こういったものをどうやって各家庭にですね、理解を求めていくかと。 エコポイントの話もかなり、わたくしは経済的として効いている部分があると思います。それにとどまらずに、さらにそれに拍車をかける、 背中を押すような形のエコ対策、環境というものを重視するそういう政策をですね、打ち出していく必要があるんじゃないかと思いますが、 これは最終的には明日、議論して決めていく話です」

(秘書官「よろしいですか」)

記事引用元:朝日新聞(2009年11月17日0時33分配信)
http://www.asahi.com/politics/update/1117/TKY200911160376_03.html


9 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2009/11/17(火) 02:51:31 ID:???0 ?2BP(33)
>>1(続き5)

【普天間移設の選択肢】
――普天間での関連。きょう、軍事アナリストの小川和久さんが首相に面会して、解決には三つの選択肢があるという話をしたと聞いた。 首相は現時点で現行計画以外にどのような選択肢を持っているのか。

「わたくしは、先ほど申し上げた以上のことを今、申し上げるつもりはありません。やはり普天間の移設というものに関しては様々な選択肢というものを検証している最中です。それと同時にですね、小川和久さんがお話をされたのは、 沖縄県民の皆様方の立場に立ってどういうことをさらに考える必要があるのかというようなご提案をいくつかいただいたということですが、 その中身に関して今、申し上げるつもりもありません。大変いくつかの重要なご視点をいただいたなと思って感謝しております」

(秘書官「よろしいですか。じゃあと1問で」)

【直嶋大臣失言】

――きょう直嶋正行経産相がGDP数値を公式発表前に話した。官房長官は遺憾だと。総理はどうか。
「平野官房長官の発言に対してですか」
――いや直嶋大臣の。

「まあそうだろうと思いましたけど。へっへっへ。やっぱり直嶋経産大臣、多少うかつだったなと、そうは思いますね。30分という時間の中でも、 ある意味で、やはり発表するタイミングというのは大事ですからね、それは守らなきゃいけないと思っております。危機管理上の問題で、 まあ、国民の皆さんにこういう事実を知ったらいち早く伝えたいなという気持ちはわからんではないわけですけれども、やはりルールですから、 守らなければならないものは守る。それはやはりうかつだと言われたらその通りじゃないでしょうか。その意味では遺憾だったと思います。以上です」

(秘書官「はいよろしいですか。ありがとうございました」)

記事引用元:朝日新聞(2009年11月17日0時33分配信)
http://www.asahi.com/politics/update/1117/TKY200911160376_04.html


要約
73 :名無しさん@十周年:2009/11/17(火) 03:07:27 ID:WYMufbRI0
普天間移設は前政権下における日米合意もあるが我々のマニフェストでは県外移転となっている 沖縄の人たちの考えもあるし結論はこれから考える オバマ大統領も理解してくれた

民主党のいい加減な外交政策について米国 日本国内でバッシングがあるが日米関係への懸念は無い。少なくともオバマ大統領とわたくしとの間の信頼関係はますます高まってきたなと思っている。米国大統領との信頼関係があるので日米合意破棄も可能だと思う。 ヨーロッパでも政権が変わって前政権と考え方を180度転換させた国もあるから破棄してもいいはず

補正の内容はこれからみんなで考える エコっぽいものがいいと思う

うるっせぇ 普天間はこれから考えるってってんだろ! 民間アナホリストは黙ってる。沖縄の人たちの考えがある 沖縄悪い 俺のせいじゃねえ
バカ嶋経産相がGDP数値をリークしたのはうかつだと言われたらその通りじゃないでしょうか その意味では遺憾
(もちろんオマエラに文句言われる事が遺憾 という意味だ)



画像



人気ブログランキング投票へ
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

エラ通信からのメッセージ

完全にヤバイ!韓国経済
彩図社
三橋 貴明
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
091117 鳩山由紀夫 “へっへっへ”会見全文と有志による要旨 エラ通信のチラシの裏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる