エラ通信のチラシの裏

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮想政党戦  日本落日党 vs 日本虐殺党 

<<   作成日時 : 2010/06/24 22:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


日本落日党(朝鮮マスコミ党) 
党の最終目標は日本国の滅亡と抹殺、日本人の駆除・根絶である。

だが、われわれは手を汚さない。単に国政を掌握し、国民が知るべきことを知らせず
集権国家を解体 地方主権の幕藩国家に作り変え、大量の外国人を導きいれて、
彼らに地方の主権と選挙権を与えることにより、合法的に国家を分断・解体し、
人口十数倍の隣国に併呑させることによりアジア共同体を実現する。

その空間に日本国民に生きる場所はない。
中国共産党日本省において、日本人は法の保護も与えられず、単に黙殺されながら殺される豚にすぎない。


われわれはそのためになすべきをなす。
次官会議を停止、省庁間の交流をなくし、政治主導の名目で全権を大臣が掌握し、
逆らう官僚はすべてクビ。
憲法判断はわが党のみが行う。そのために内閣法制局の関与を許さない法律はすでに通した。
警視庁のトップも、わが岩手県警のトップに入れ替えた。中国野戦軍指揮官 汚沢総統に噛み付いてきた
東京地検特捜部の部長も閑職においやった。

われわれは在日朝鮮人組織党でもある。六つのテレビ局と27の大手新聞社、すべてを掌握している。
そのトップは、偽装帰化した朝鮮人 成田豊集団であり、大口スポンサーはこの30年間、
日本を枯らすことを全力を傾けてきた朝鮮カルト 池田大作狂団と、パチンコマルハン韓昌祐。
そしてアメリカ水産流通を支配する統一協会文鮮明集団である。

逆らう日本人は、人権擁護の精神に基づき、社会から抹殺 迫害、容赦なく弾圧する。
弾圧しはきれなくても、われわれの掌握したメディアで、ネガティブな印象操作を行えば、
だれもその人間の言葉に耳を傾けなくなる。それこそがわれわれのもっとも得意とするレッテル貼りである。


われわれ日本落日党は敗戦革命を目指す。
そのために日本の脳髄を仕分けする。
研究開発予算をすべて凍結し、一回目のぶん6000億円は、アフガニスタンとパキスタンに贈与した。
二回目の仕分け予算は環境協力の名目で、中国に1兆8000億円を贈与して喜んでもらう。

日本国の企業は、CO2 35l削減という不可能な目標を実現するために国外へ追い出して、
野垂れ死んでもらう。
薄汚い1億2500万人の日本人には、国家のためと称して、ただひたすらに増税を受け入れさせ、
根絶やしにしてやる。
あとは、われわれ朝鮮人と中国人がこのすみよいこの国をもらってやるから、安心して死んでしまえ。
これがわれわれ、日本落日党(民主・公明・共産・社民・みんなの党・自民党河野太郎派 幸福実現党の要素の簡単な説明である)
の目的なのだ。


これに対して、自民党保守派・たちあがれ日本・日本創新党が保守派の受け皿であるが、
問題は、彼らが、今までアメリカの強圧下、そして朝鮮カルト創価学会と組んで日本を枯れさせてきた勢力であることもまた、
疑うべくもない事実である。


そこで、仮想政党“虐殺党”を想定してみる。

虐殺党こと、日本虐殺党の目的は、“自由な言論空間の保障と、報道すべきことを報道する権限を、既存権力者を殺してでも確保することにある”

すなわち、今、日本の報道機関を握っている、朝鮮人成田豊勢力 朝鮮カルト池田大作勢力を、
“報道の自由が実現されるまで、上から順番に殺していく。もしくは軟禁したうえ、すべての財産と自由を剥奪し、
不可逆的に復権できない状態に置く。”それはほとんど不可能なので、次善の策として、殺すしかない、という認識である。

成田豊勢力上層部は、1000人ほど。各新聞社の経営陣はほとんどが含まれる。ただし、順番厳守。
成田豊・池田大作と、その実務者たちが駆除根絶されない限り、順番をスキップして、彼らの順番にいたることはない。

さらにマスコミからの朝鮮人・朝鮮化人・在日気質人を徹底的かつ容赦なく追放する。

そして同時に虚学を大学から追放する。ジェンダー 男女共同参画・人権擁護の名目で大学教授・大学名誉教授の肩書きを得てきた人々を、
それこそ根こそぎ追放し、名前と言動を公共の言論空間に永久に掲示し続ける。



日本虐殺党の第二の目的は、日本国民を豊かにすること、日本国民に雇用の場を与え、自らの生活を自らの力によって切り開く手助けをすることにある。
国民と国家を守るには個々人の努力によるしかない。その実現の機会を与えること。
そして、慈しみと共感と共栄を、日本国民の間で花開かせることある。

そのためには、日本国民を豊かにさせること。
薄汚い朝鮮勢力やアメリカ国務省勢力が、日本人を生産の現場から追い出させてきた、
不当な円高を是正し、流動性と信用を供給する。
世界の貨幣経済は混乱するかもしれないが、むしろ、いままで日本一国(および些少ながらスイス)で世界の貨幣経済価値を守ってきたのだ。
それが国民の疲弊と直接結びついている。

貨幣経済の混乱により、食料・物価・エネルギー価格の暴騰があるだろう。しかし、それは全力で食い止める。
やがて、国内の生産が立ち上がればそれは解消されていく。

今、必要なのは労働と、生活できるだけの労働の果実を労働者が手にできることである。

労働の果実とは、一人の人間が能力に応じて励めば、妻と二人の子の生活を支え、些少ながら貯蓄もできる。
それが労働の果実である。


この二つの目標は、今まで日本を枯れさせてきた自民党にも、日本滅亡を目指している民主党にもできないものである。
共産党がこれを騙っているが、彼らの主張も、権力さえ握れば、あとはどのように反故にしてもかまわないというルーピー気質と、
鳩山由紀夫以上の強硬さを覗かせている。

ゆえに、この“日本虐殺党” たとえ権力者を虐殺してでも、自由な言論空間と、報道できる体制を確保する。
日本人を豊かにし、日本人が自らを実現するための労働機会を確保するために、円高を是正する、の三点を実現する政党は“ない”のです。

だから、次善の策として、たちあがれ日本 谷垣自民党(河野太郎ではない) 日本創新党 の三党にがんばってもらいたいと思っております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パワーポリティクスの未来学 Part2
地政学に基づく、日本が取るべき国家戦略とは? ...続きを見る
風林火山
2010/06/25 12:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

エラ通信からのメッセージ

完全にヤバイ!韓国経済
彩図社
三橋 貴明
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
仮想政党戦  日本落日党 vs 日本虐殺党  エラ通信のチラシの裏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる